敷金で最も多いトラブルは原状回復

敷金…原状回復トラブル

 

マンションを退去する際に、室内に破損した個所や、汚れのついた箇所があるわけではないにもかかわらず、高額な原状回復の為の費用を請求される場合があります。

 

退去の際に、借主の義務としての原状回復は、壁に勝手にペンキを塗った、壁やドアに穴をあけた、床に通常では考えられないほどの傷をつけたなど、貸主が好みに合わせて室内を改造したり、過失によって破損したりした結果、貸主が現状を回復しなければ、賃貸し物件としての価値を失ってしまうような場合に、その修復にかかる費用を借主が支払わなければならないというものです。

 

但し、普通に生活していれば自然に消耗していくような種類の劣化に関しては、借主が原状回復をする義務はありません。

 

借主がその部屋に住み始めてから退去するまでの間には、紫外線による壁紙の色褪せ、日常的な使用によって摩耗したドアの取手など、経年によって劣化する事柄は多くあります。

 

その様な経年劣化や通常の消耗については、修理の費用を支払う必要はないのです。

 

高額な原状回復の為の費用を請求された場合には、そのことを念頭に置いて、もう一度室内をチェックしてみましょう。

 

原状回復の見積書には、詳細が書かれているはずですから、そのうちのどれが、故意の破損としてカウントされているのか、そのうちのどれが通常では考えられない使い方をした結果の消耗と判断されているのかを確認してみてください。

 

⇒事柄によって変わる原状回復の義務

 

当てはまるものがない、あてはまるものが少ないということであれば、国土交通省が出している原状回復をめぐるトラブルとガイドラインを参考にして貸主に交渉してみましょう。

 

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000020.html

 

基本的に、敷金とは、家賃の納入が滞った時や、通常では考えられないような室内の破損、消耗があった時に、それを保証する為のものであって、退去時に借主が、室内を完璧に借りた時と同じ状態に戻すための費用ではありません。