原状回復の義務があるのは誰?

原状回復は、どちらの義務?

 

普通に生活していても、壁や畳は自然に色褪せていくもので、壁にポスターを張れば、画鋲の跡がついたり、ポスターを張っていた箇所の壁の色と周りの壁の色が変わったりしてしまいます。

 

また、家具や大型家電を同じ場所に置き続けていれば、畳やじゅうたんがへこみます。

 

ここまでの範囲は、貸主側が原状回復をする義務のある経年や通常の使用による変化です。

 

壁紙を剥がした、壁にペンキを塗った、壁に下地ボードの張り替えが必要になるほどの穴をあけた、畳にタバコの焼け焦げを作った、重い家電や家具を引きずって、フローリングに傷をつけた、備え付けのじゅうたんに、シミを作ったなど、借主の不注意でおこった、又は借主が故意にしたことに対しては、借主側に原状回復する義務があります。

 

このような場合には、敷金が返ってこない、敷金だけで原状回復できない場合には、追加料金を請求されるというようなことがおこります。

 

台所に置いてあった冷蔵庫の裏側の壁が黒ずんだり、床に設置跡がついたりしますが、このような変化に対しての修理の義務は貸主側にありますが、ガス台や、換気扇、台所の壁などが、手入れ不足によって、ひどい油汚れになっていた場合には、清掃では追いつかず、交換しなくてはならない可能性も出てきますし、清掃も通常の清掃に比べて費用がかかります。

 

このような場合には、借主に原状回復をする義務があり、敷金が返還されなくても仕方のない状況といえます。

 

浴室の給湯器が古くなった場合には、貸主に給湯機を新しくする義務がありますが、借主が空焚きなどをして壊してしまった場合には、借主に原状回復をする義務があります。

 

また、浴室内の清掃や換気を適切に行わなかった為、浴室内の壁や天井にカビが発生してしまった場合や、バスタブやシャワーヘッドを破損してしまった場合にも、借主に原状回復する義務がありますので、敷金が返還されなかったり、修理費用を請求されたりします。

 

敷金が返還されない場合には、何が原因なのかを確認し、借主側に修理の義務が発生しないはずの変化である場合には、専門家に相談し、敷金を返還してもらいましょう。

 

⇒原状回復の具体的な内容について見てみましょう