敷金から引かれる見積もりが届いて慌てないために、敷金から引かれる名目を知っておきましょう。

知っておこう!敷金から引かれる名目

 

チェックボックス

 

敷金ってどうやら還ってくるものらしい!?
そんな風にぼんやりと思い込んでいる人も中にはいるようなのです。

 

そのために、退室時に「敷金が返ってこない!」と被害を受けた気がして、思わぬトラブルの元になりかねません。

 

モンスタークレーマーにならないために、敷金から正当に差し引かれる名目があることも知っておきましょう。

 

 

 

過去の事例

退室処理の最終段階で部屋のカギを管理業者や大家さんに返却して、さあ後は敷金の返還を待つばかり。そう思っていたところへ1通の見積書が。

 

内容
  • ルームクリーニング費用 ○万円
  • 鍵の取り換え費用 ○万円
  • フローリングのキズの修繕費用 ○万円
  • クロスの汚れによる張り替え費用 ○万円
  • キッチン周りのカビなどによる腐食除去費用 ○万円

 

合計金額が預けている敷金よりも数万円オーバーしていました。
けれど、その分は大家さんの善意により請求されないという旨が記載されています。

 

この場合、あなたはどう対処しますか?

 

 

過去の事例に基づいて調べてみると、驚いたことに各項目共に変換された例とされなかった例がありました。

 

変換された例
  • 借主が管理責任者としての義務を果たして通常の使用をしていたことが認められた場合
  • 使用中のひっかき傷や掃除の負行き届きによる腐食は、通常なら貸主責任になりますが、請求書の金額とその内訳が曖昧だったため無効となった場合
  • 契約書が明らかに貸主に有利だと判断された場合

 

変換されなかった例
  • 特約事項に記載されていて、尚且つ通常の使用範囲を超えた借主の管理責任放棄による損傷とみなされた場合
  • 契約書に具体的に記されていて、借主も納得の上でサインした場合
  • 「敷金より○%を引いて変換します」という書面に、借主がサインしてあった場合

 

 

 

 

一般的に敷金から相殺されるもの

  • 家賃の滞納分
  • 壁やフローリングのキズ
  • 窓の結露やエアコンの水漏れによるシミや腐食
  • 清掃を放棄したために発生したカビや臭い
  • 内緒でペットを飼って、その為に残した損害
  • カーペットやクロスの経年劣化以外のシミ

 

このように通常の使用範囲を超えた管理責任義務を果たさなかった場合には、敷金からその回復費用が引かれることがあります

 

その他、貸主と借主がお互い合意の上で取り交わした合理的とみなされる特約事項なども含まれます

 

例えば、入居時に無料でカギの交換をするので、退室時には今度は借主が敷金からカギの交換代金を払ってくださいね、というもの(実質「無料」ではありませんが)など。

 

敷金は100%返して貰えるという思い込みがあるようでしたら、それは少々的外れな認識といえるでしょう。

 

敷金返還交渉のポイント