通常の使用の範囲内であるにも関わらず、様々な名目で請求されることがあります。