クロスの張替えは1平米1,000円前後、クリーニングはワンルームで2万円~2万5,000円が相場です。

修繕費用の相場

 

顔を押さえる女性

気を付けていても、クロスやフローリングにキズをつけてしまうことって多いですよね。

 

明らかに「やっちゃった」場合、借主が修繕費用を負うことになりますが、さてその相場とは?

 

だいたい幾らくらいになるのか、相場があるなら目安として知っておきたいものです。

 

 

 

全面負担でなくてもよい

家具の移動などで誤って壁をガリガリガリとやってしまい、クロスが裂けてしまった。
けっこうある事例です。

 

この場合、借主ははっきりとした責任の自覚があるので、「クロスの張替総額8万円」という請求を受けても素直に受けてしまいます。

 

しかし、賃貸物件に対する「原状回復」のガイドラインに照らし合わせると1か所のキズで1部屋丸ごとの張り替え費用を負担する必要はないことが示されています。

 

また、善意ある貸主であれば、最初から総額を請求してきたりしません。

 

 

経年劣化の考え方

壁紙やカーペット、畳床などは、通常6年間で耐用年数を経過するとされています。
新品の状態で入居したとしても、6年目以降では、借主責任はほぼゼロという指標があります
この経年劣化を踏まえた上での原状回復にかかる費用を負担することになるわけですね。

 

 

負担割合の考え方

クロスの一部分を傷つけたからと言って全面張り替えの総額を支払う義務はありません
借主は過失箇所を修繕するにとどまり、それ以上のことは貸主側の負担という考え方があります。

 

大まかですが、このような計算式が成り立ちます。

(クロス単価×キズを付けた面のみ)×経年劣化=支払金額

ちなみにクロスの張替は、1平米1,000円前後が相場のようです。

 

 

 

 

クリーニング費用の相場

退室時にしっかり掃除を済ませて管理会社に引き渡したのに、見積もりの中にルームクリーニング費用が含まれていることって多いそうです。

 

まず、このクリーニング費用の負担に関してですが、契約時に借主側が支払うと明記されている場合、ほとんどが支払っているようですね。

 

その相場は、地域差もありますが、ザックリと20平米以内のワンルームで2万円~2万5,000円となっています。

 

しかし、気を付けたいのが喫煙者のケース

 

タバコのヤニはクリーニング代金を釣り上げてしまいます。
当然請求額にも上乗せされてくる結果に繋がるのです。

 

クリーニング費用を経年劣化と相殺されても、タバコのヤニによる汚れは借主の過失と認められるので気を付けたいですね。